英語が出来ないと仕事に不利?

英語が出来ないと仕事に不利?

これからの時代は特に英語が出来る人材が求められます。

つまり、英語が出来ない人間は使い物にならないと考えられても仕方がありません。

特に20代~40代の人にしたら、きつい時代が来たと考えられます。

50代となると、英語が出来ないなら早期退社を命じられるかもしれませんね。

これからの企業はこのようになると考えられています。

SP English公式ホームページへ

これからの企業の変化

コロナのせいで世界的に不況に陥っています。

こうなると、日本だけではなく、世界で企業同士のやり取りが増えざるを得ません。

生き残るには海外とのやり取りが必須となります。

日本でもこんな事が考えられます。

海外進出する企業の増加

日本だけでの流通や企業展開では会社は大きくなりません。

大きな利益を生むには日本だけに留まるのは限界があります。

つまり海外とのやり取りが、大きな利益を生む役割を果たします。

それがわかっている会社は、積極的に海外進出をするでしょう。

毎月僅かな黒字程度では、利益にはなりません。

会社の存続維持で終わってしまいます。

そうなるとどんどん削られていくのは人件費です。

使えないと認識されてしまうとクビになりますし、残っている人間の負担は大きくなります。

なのに給料は上がらないなんて、誰が望むでしょうか?

会社を安定させたいと思う企業は、これからどんどん海外に向けて幅を広げていきます。

その時に、英語が話せる人材がとても重要になるという事は、言わずともわかりますよね?

大手企業と中小企業の給料の差

どの業界でも同じ事が言えますが、これから大手企業と中小企業との差がもっと広がっていきます。

個人経営や、中小企業の倒産が相次いでいます。

今まで大手という事にぬるま湯に浸かっていたせいで、なんの対処も出来ない大手企業も倒産している時代です。

これからの時代を生き抜く強い会社は、ストイックな大手企業です。

前進的であり、且つ斬新な会社でしょう。

そんな会社が求める人材は、勿論海外進出を考えて英語が話せる前衛的な人間だと言えます。

そのような会社は実力主義なので、結果が出たら不況とも思えないお給料が期待出来ます。

海外赴任なども任されるレベルになると、年収1千万なんて夢ではありません。

一方中小企業は、今まで同様地元で生活出来るでしょう。

しかし、いつ倒産するかわからない。

良い時と悪い時の波が激しいなんて当たり前。

給料も安定はしないでしょうし、突然仕事を失う可能性だってあります。

そんな不安な状況が拭えない中で仕事をするって、ストレスと不安でいっぱいだと思います。

本当にそれでいいのでしょうか?

独り身なら自由かもしれませんが、ご家族がいる方はそうも言っていられないのでは?と思います。

大不況だからこそ、英語が武器になる

大不況になるからこそ、戦える武器が必要になってきます。

その中でも英語はどこでも使える最強の武器と言えます。

スキルはその仕事によって変わりますが、言葉というものはどの仕事にも共通してくるものです。

業界関係ない最強の武器は、間違いなく英語でしょう。

SP English公式ホームページへ
TOPページを見る