英語はどんどん身近になってくる

英語はどんどん身近になってくる

ここ数年、日本に住む外国人が増えています。

それはあまりにも自然に増えているため、誰もがそんなに意識していないと思いますが、昔は外国人ってそんなに日本に住んでいませんでした。

私が20代の頃なんて、外国人がいるとドキドキしていたくらい珍しかったのに、今ではどの町にも一人くらいは住んでいますもんね。

今はまだ英語が身近な実感はないかもしれませんが、コロナが落ち着き平穏が戻ったら、まだ一気に日本に移住する外国人は増えるでしょう。

SP English公式ホームページへ

日本に住む外国人はこんな人達

外国人からすると日本語は書くのも話すのも難しい言語のはずなのに、何故日本を選ぶのか?

それにはこんな理由がありました。

外国人労働者が増えている

出稼ぎだったり、引き抜きだったりと、日本で働きたいと思う外国人が増えているからです。

確かに言葉は難しいかもしれませんが、日本は世界で見てもトップクラスに安全な国です。

そして働けば働いた分、ちゃんと稼げます。

IT関係のスキルを持っている東南アジアの人材は特に重宝されているので、わざわざ引き抜かれて日本に来ているパターンも珍しくありません。

日本語も話せる外国人を雇っていれば、仕事をしていく上で外国とのやり取りの時に、通訳を雇う必要がなくなります。

その為、ある程度のスキルがあるのであれば、日本人よりもバイリンガルの外国人を採用する会社も多くなっています。

それ程までに「英語が話せる」という事は大きな武器になります。

日本生まれ日本育ちなのに、外国人の方が重宝される時代はもう訪れています。

日本に憧れる外国人が増えている

誰もがニュースなどで目にした事あると思いますが、ここ数年海外では空前の日本ブームとなっています。

特にヨーロッパ圏を始め、ロシアや台湾、東南アジアなどが特に熱いと報道されていますよね。

その大きな理由として挙げられるのは、日本アニメやマンガです。

日本アニメやマンガの影響力は凄まじいもので、日本アニメやマンガで日本語を覚える外国人がとても多くいます。

彼らの熱意はとても熱く、日本語のような複雑な言葉もアニメやマンガなどで楽しみながら覚えていくようです。

楽しみながらという点では、SPイングリッシュと変わりありません。

彼ら外国人は、わざわざ日本に住んで、アニメやマンガに携わる仕事がしたいと移住してきます。

しかしそこは狭き門。

携わる事は出来なくても、コミックマーケットやイベントを楽しむ為に日本に移住して生活しています。

これだけの熱意がある人間で、しかもバイリンガルともなれば、企業は欲しい人材と感じるでしょう。

そして日本に移住する外国人が増えれば増えるほど、日本人の就職先や働き口は狭まります。

外国人に負けないようにするには、英語を身に着けるのが一番の方法なのです。

SP English公式ホームページへ
TOPページを見る